保湿クリームはエイジングケアのポイント!たるみやほうれい線が目立つ原因も知っておこう!

年齢と共に目の下のたるみやほうれい線、開いた毛穴
悩んでいる方はとてもたくさんいらっしゃいます。

 

 

年齢肌は特に目元・口元・頬(フェイスライン)に出やすいので
集中的にその部分をエイジングケアを行うのは良い方法です。

 

 

そんな目の下のたるみやほうれい線、開いた毛穴ケアは
保湿クリームもとても重要となります。

 

 

そんなエイジングケアに重要な保湿クリームについて解説させて頂きます。

 

 

年齢からくるたるみやほうれい線、毛穴が目立つ原因は?

 

30代に入ってくると若いころと比較して少しずつ
目元のたるみや口元のほうれい線、頬の開いた毛穴が目立ってくるようになります。

 

 

これらのたるみやほうれい線、目立つ毛穴は年齢肌といった言葉で表現され
エイジングケアが出来る製品はとても人気があります。

 

 

年齢肌は化粧水や美容液、クリームでエイジングケアを行う事が一般的ですが
最近では目の下やほうれい線に直接貼るシートなども人気となっています。

 

 

そんな目の下のたるみやほうれい線、毛穴が目立つ原因は
とても単純でお肌のハリと弾力が低下してしまっているからです。

 

 

ハリと弾力が低下してしまうとお肌全体が垂れてしまい
目の下やまぶた、ほうれい線、毛穴が開いたような状態になってしまいます。

 

 

目の下やまぶたのたるみ、ほうれい線、目立つ毛穴の原因

  • お肌のハリと弾力の低下

 

 

ハリと弾力はお肌の潤いにとても影響を受けます。

 

 

そのためエイジングケアを行ってくれる製品は特にヒアルロン酸やコラーゲンといった
水分を蓄える美容成分がたくさん配合されているのです。

 

 

しかし、ほとんどのスキンケア製品にはヒアルロン酸やコラーゲンなど
水分を蓄える美容成分が使用されていますが目に見えて
年齢肌が改善したと実感できた方は少ないと思います。

 

 

その理由はお肌の水分を守ってくれる成分が不足しているからです。

 

 

保湿クリームはエイジングケアのポイント!潤いを閉じ込める働きが重要です!

 

 

目の下やまぶたのたるみ、ほうれい線、目立つ毛穴の原因は
お肌のハリと弾力不足だと解説させて頂きました。

 

 

ハリと弾力はお肌の潤いに大きな影響を受けるのでスキンケア製品には
それ自体がとても豊富に水分を含む美容成分が配合されています。

 

 

しかしお肌に潤いを与えるだけでは半分しか
たるみやほうれい線、開いた毛穴ケアは完了していません。

 

 

その理由はお肌の水分を守る働きが重要になるからです。

 

 

つまりエイジングケアはお肌に潤いを与える成分と
お肌の潤いを守る成分のふたつが必要になるという事になります。

 

 

たるみ・ほうれい線・毛穴ケアのポイント

  • お肌に潤いを与える成分と潤いを守る成分がポイント

 

 

そんなお肌の潤いを守ってくれる成分がセラミドです。

 

 

セラミドは難しい言葉でいうと細胞間脂質のひとつとなっており
40%以上を占めるお肌の潤いを守る重要な成分となっています。

 

 

20代の頃は細胞間脂質がとても充実しているため
化粧水だけでもお肌がとても元気な状態となっています。

 

 

ただ、セラミドをはじめとした細胞間脂質は年齢と共に
減少してくことが確認されており年齢肌を引き起こす要因となっているのです。

 

 

目の下のたるみやほうれい線、毛穴ケアを頑張っていても
効果が実感できない・・・という方はセラミド成分に注目して
保湿クリームを選んでみてください。

 

 

特にセラミドはセラミドNPやセラミドAP、セラミド2など
英数字で表記されている成分はヒト型セラミドとなるので
細胞間脂質をサポートして水分の蒸散を防いでくれますよ。

 

 

保湿クリームはエイジングケアのポイント!たるみやほうれい線が目立つ原因も知っておこう!のまとめ!

 

 

  • たるみやほうれい線、目立つ毛穴はお肌のハリ・弾力不足
  • ハリと弾力不足は細胞間脂質の減少が原因のひとつ
  • お肌のハリ・弾力不足は潤いを与える事でケアする事ができる
  • お肌の潤いは蒸発を防ぐ保湿クリームも重要
  • 保湿クリームはヒト型セラミド成分がポイント
  • エイジングケア製品は年齢なりのきれいなお肌に仕上げてくれる
  • 保湿ケアクリームは目の下シートやパッチなどとの併用もおすすめ

 

 

目の下やまぶたのたるみ、ほうれい線、開いた毛穴は
年齢肌の大きな特徴のひとつとなっています。

 

 

最近では目の下に直接貼るシートやグロースファクターや幹細胞培養液など
話題になるほどのスキンケア製品がとてもたくさん販売されています。

 

 

しかしこれらの美容成分はお肌に潤いを与える働きとなるので
併せて保湿クリームにこだわるのが重要となっています。

 

 

特にお肌の水分の蒸発・蒸散を防いでくれる細胞間脂質は
年齢と共に減少してしまう年齢肌を引き起こす原因のひとつとなります。

 

そんな年齢肌におすすめとなるのがヒト型セラミド成分です。

 

 

ヒト型セラミド成分は細胞間脂質の大部分を占めるセラミドを
サポートする働きでお肌の潤いを守る働きが期待できます。

 

 

お肌に潤いが充実してくるとハリと弾力が戻り、
たるみやほうれい線、毛穴をケアしてくれます。

 

 

また併せて目の下に貼るシートなど併用する事でより潤いを与えて
気になる部分を集中的にエイジングケアを行う事ができます。

 

 

効果がとても期待できるといわれているスキンケア製品で
なかなか実感できない時はお肌の水分を守る保湿クリームにも注目してみてくださいね。

 

 

以上、保湿クリームはエイジングケアのポイント!たるみやほうれい線が目立つ原因も知っておこう!について解説を終了させて頂きます。